日記 日記INDEXへ戻る
あるるんサイト「日記」ブログ版
このサイト 「あるる」 UO PC 写真 日々 掲示板 他のサイト Home

2007年02月01日

『SFの殿堂 遙かなる地平』

SFの殿堂 遙かなる地平〈1〉『SFの殿堂 遙かなる地平〈1〉』

SFの殿堂 遙かなる地平〈2〉『SFの殿堂 遙かなる地平〈2〉』

作家(特にSF作家)は自らの作品において独自の世界(宇宙史)を構築することが多い。
たとえば、アシモフの<銀河帝国>だったり、ニーブンの<ノウンスペース>だったり。
このアンソロジーは人気作家のそうした独自の世界を構築した作品群の後日談や、作品群から漏れたストーリー、ちょっとしたサイドストーリーなどを収録している。
収録されている作家は、ル・グィン、ホールドマン、カード、ブリン、シルヴァーバーグ、ナンシー・クレス(以上<1>)、シモンズ、ポール、ベンフォード、マキャフリイ、ベア(以上<2>)というそうそうたる顔ぶれ
#読んだことあるのはホールドマン、シモンズ、マキャフリィだけだけど(汗)

まぁ、どれも人気作家の人気シリーズということもあって、大きなハズレはないかな
ただ、やっぱ元となったシリーズを読んでいたほうがより楽しめそうなのは確か。
#読んでない人用に各作品の冒頭で作者自身がシリーズの解説をしているが。

逆にこれを機に本シリーズのほうも・・・というのもありかもしれない



 
 
posted by あるる at 12:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・CD・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: 銀河帝国銀河帝国(ぎんがていこく)とは、スペースオペラなど宇宙を舞台にしたサイエンス・フィクション|SF作品にしばしば登場する概念である。宇宙文明の一種で、カルダシェフの定義によれば、III型文明の中..
Weblog: SFフリーク集合!
Tracked: 2008-02-26 09:09